花植木類利用拡大推進ネットワークとは

地域の花植木類産業の振興及び発展を図っていくため、
生産・流通・販売にかかわる一連の組織が一丸となって
利用拡大への取組みを推進することを目的に令和2年7月に設立されました。

ネットワーク概要

  • 会長

    山岡 孝

  • 住所

    〒334-0058
    川口市大字安行領家1100番地
    [(株)安行植物取引所内]

  • 連絡先

    TEL:048-295-2580
    FAX: 048-294-8282
    E-MAIL:qqfc5dr9k@gaea.ocn.ne.jp

会長あいさつ

会長
山岡 孝

「花植木類利用拡大推進ネットワーク」は、県南地域をはじめとする埼玉県産花植木類の生産、流通、利用に係る広範な団体、企業により構成される団体で、民間利用を系統的に拡大していこうと様々な取組みを行っております。
埼玉県南部で産出される花植木類は、川口市やさいたま市などを中心とした地域の経済を400年余にわたりけん引する伝統産業であり、質、量ともに国内でも有数の産地としての地位を築いでおります。

この花植木類を住宅や造園をはじめとして広範な場面でご利用いただきたく、昨年から、関係行政機関、企業、団体様の御支援をいただきながら精力的に活動を展開しています。

皆様方には、永年にわたり蓄積してきた技術に裏打ちされたこの地域の花植木をご愛顧くださいますよう心からお願い申し上げます。

埼玉の花植木とは

花や植木は私たちの心の癒しの元

さいたま市、川口市の東部を中心とする地域は、
江戸時代から400年の伝統を受け継ぐ花植木の産地。
永く地域の緑の増進に貢献しています。
ぜひ、埼玉の花植木をご利用ください。
きっと皆さまのご要望にお応えします。
思い立ったらお問い合わせを。

埼玉の花・植木マップ

花きの農業産出額(令和元年産)

主な品目 産出額(平成30年度)
パンジー(苗) 16億円【1位】
洋ラン(切り花) 14億円【2位】
チューリップ(切り花) 13億円【2位】
洋ラン(鉢物) 31億円【3位】
ユリ(切り花) 26億円【3位】
花木類(鉢物) 10億円【3位】
植木類 15億円【7位】

構成員

バックアップ機関